デスノートを拾う(無料登録)

デスノートを取り出す(ログイン)

パスワードを忘れてしまった

パスワードを忘れてしまった場合は、登録時に使用されたメールアドレスを下記に入力し、「リセットする」をクリックしてください。パスワード再設定用のメールが届きます。

2015年~2022年 各月のPV1位、デスノートを拾った人数、デスノートの投稿数ランキングまとめ

月間のアクセス数が1位だった、だんなデスノートだ。おめでとう。その月に投稿されたデスノートのアクセスランキングとしている。 年月の横にある数字は以下だ。 ・対象月に死の願いを込めて書かれたデスノートの全枚数(月間投稿数) ・デスノートを拾った人数(月間 新規会員 登録数)

続きを読む

旦那より奥様の能力が高いとき、旦那は超嫉妬する。解決策はない。相性が合わなかったと諦めるしかない。 モラハラ界の中でもトップに君臨するであろう、激モラな管理人の牧田です。モラ王です。モラ王という言葉を最近知りましたが、けっこう一般的なんですね。Googleで「モラ王」と検索したら、山ほど出てき

続きを読む

テクノブレイクというのは、男性がオナニーで射精をしすぎると死ぬ、という現象です。テクノブレイクを深く調べていくと、テクノブレイクは医学的には証明されていないし、存在しない、とあります。厳密には無いかもしれませんが、私はあると思っています。 で、

続きを読む

中学生や高校生の男の子は、思春期で反抗期で、お母さんに大して不機嫌な態度を取ることが、よくあります。朝、お母さんが「おはよう」と言って、息子さんが返事をしなくても気にしないでください。息子さんは判ってます。心の中でおはようと返しています。 僕が正にそうでした。毎朝、お母さんやお父さんは、「おは

続きを読む

子供は、親にされた嫌なことは一生覚えています。 旦那にイライラしてムカついて、思わず子供に旦那の愚痴を言ってしまう、八つ当たりをしてしまう。管理人さんはどう思いますか。と言った電話をちょくちょく頂きます。どう思いますか、どうでしょうか、と言われたら、よくないです、としか答えられません。

続きを読む

歌舞伎町でホストを始めたキッカケや、どうだったかを知りたい、という意見を頂いたので、少し書いておきますね。 東京で21歳からサラリーマンを3年ほどやり、24歳で退職した翌日に歌舞伎町でホストを始めました。24歳はホストとしては遅いです。 サラリーマンとして最初はプログラマーをやっていたん

続きを読む

少し前に、電話があって、けっこう追い詰められてて、半泣きの状態だったんです。内容としては、経済的には困ってないんだけど、モラハラや怒鳴り声などで威圧され、奴隷のように扱われている、という感じでした。 電話を掛けようと、気持ちが折れるキッカケになったのは、15年いっしょに居たワンちゃんが亡くなっ

続きを読む

この記事は、昨夜、2021年11月24日(水)23:00くらいに電話を頂いた方へ書いています。理由は、旦那さんからの束縛と監視が強く、抜き打ちのスマホチェックがあるため、メールやメッセージが出来ないためです。 旦那が子供を欲しがっているが奥様は欲しくない。仕方なく作業的なエッチをしているけど隠

続きを読む

僕は、期間限定で自分の電話番号を旦那デスノートに載せ、しんどい時は電話をくださいと言っています。 電話を頂く中で、もっとも多い話しの内容は、旦那さんが奥様に対しきつい言葉を浴びせるモラハラ、殴ったり物をぶつけたりするDVに苦しんでいることです。電話で話しをしてくれる奥様たちは、9割9分、泣いて

続きを読む

国が母子家庭を支援してくれる対策として、里子制度や、母子生活支援施設があります。 母子生活支援施設の判りやすい動画 Youtube動画を貼りますが、簡単に初心者でも判りやすい概要を書きます。 里子制度とは、離婚してシングルマザーになったとしても、養子と

続きを読む

旦那デスノートの牧田です。 コメントで定期的に表れる内容が、「離婚した方が良い」です。現在、コメントは会員さま限定の機能です。ということは、投稿している人もコメントしている人も同じ立場の奥様やお母様です。 同じ立場なのに、「そんなことがあるのなら離婚した方が良い」ってコメントするわけです

続きを読む

1ヶ月に10万円をもらいながら、職業訓練校に通い、仕事を見つける手伝いをしてくれる制度が日本にあることを、今まで知りませんでした。 厚生労働省の求職者支援制度です。 制度が受けられる条件は以下です。 ハローワ

続きを読む

週刊女性PRIMEの記事です。 「スッキリした」。夫を殺害したあと、そう話したという妻。17年にわたって引きこもる夫、自身に迫る体調不良、コロナ鬱──。妻を追い詰めるには十分すぎる理由があった。妻の全裁判を傍聴した作家・北原みのりが見た事件の真実とは──。  今年3月、夫(83)をノコギ

続きを読む

旦那デスノート牧田です。2021年の夏になってから、旦那さんからDVを受けている電話が多くありました。僕は、期間限定で僕の電話番号を公開し、1人で悩んで孤独で苦しいときには、電話をしてくださいね、と呼びかけています。 コロナになってからの2020年は、電話がグッと減りました。おそらく旦那さんの

続きを読む

iPhoneのロックを解除せず、旦那の浮気・不倫を調査するには、ホームから右にフリックして、検索をタップし、変換履歴を確認すると良いです。 先週、先々週と、電話をいただいた際に、旦那さんの浮気に関する似たような話しになりました。たぶん、浮気をしているのだろうけど、確証がない。スマホのロックを解

続きを読む

ムカつくヤツはぶっ殺せ!そいつがイイヤツになって仲良くなるより、死んで消えてくれることが一番の解決方法だ! 旦那をさりげなくブッ殺すために効果のある方法です。旦那デスノートの会員であるお医者さんから教えていただいたモノをまとめています。以前は食材を載せておきましたが、あまり効果が見られなかった

続きを読む

仕事柄、会社の社長さんや教育に熱いお母さんと話す機会が多いです。子供がいる家庭において、お金を使うべきことに迷うことがあります。僕が接したお金持ちに共通して多いのは、子供への教育です。 まー、それはある程度に裕福な家庭であれば、当たり前なことかもしれません。教育と言っても、たくさんあります。子

続きを読む