日弁連のようなところにみんなが実情を訴えることも必要なのかなとか思ってきました

デス書き込み

夫、罰する、みたいな検索をしたら、日弁連の20枚くらいの文書が出てきて読みました。

管理人追記:
たぶんこれが日弁連の意見書20枚
日弁連とは、日本弁護士連合会のことです。

DV被害者は逃げる選択肢だけじゃなくて、現状の生活をする権利も必要だというような内容がありました。
被害者に不利益が多いと。

いじめ問題もですが、いじめられた側が転校したり引っ越したりしないといけないのはおかしいですよね。
加害者への罰則やカウンセリングの義務付けなどがあればいいのに、と思いました、

デスノートへ書き込めることは私にとってありがたいことです。
それと同時に、日弁連のようなところにみんなが実情を訴えることも必要なのかなとか思ってきました。
これだけのおおかた女性が現実に被害に遭って、夫に死んで欲しいくらい苦しめられているのに、モラハラやDVに対する罰則や慰謝料が伴ってないような気がして。
 
私はただただ子供とペットと平穏に環境を変えずに
暮らしたい。
夫がいるだけで平穏がない。

ここで、吐き出しながら同時に訴えていかないといけないのかもしれませんね。

とにかく夫には、切実に今すぐ死んで欲しいですけど。

9 デスコメント 147

デスコメント ( 9 )

    1
    2021-09-06T10:37:28+09:00

    管理人様、先程のコメント投稿訂正させて下さい。
    戦いたいではなく闘いたいです。

    1
    2021-09-06T10:31:16+09:00

    管理人様、こちらから失礼します。
    トップページに国の相談窓口など提示して下さったのですね。ありがとうございます!
    私は去年、国のDV相談に電話しました。
    国としては被害者件数などをはかる指針にもなるのかな、と推測すると国に状況を吸い上げてもらえるとても良いチャンスだと思います。
    ただ本当にここに書き込まれる被害を見ても、違法にならない(だからこそモラルのハラスメントなんでしょうけど)ものも多いですね。
    婚姻制度が男性を世帯主にし、女性はパートか専業主婦と子育て、というケースがほとんどなので、生活基盤は男性に握られていたり、妻がフルで働いても子育ても妻が基盤になっている。
    これは本当にどうすればいいんでしょうね。
    モラハラ被害者の会などあるのか調べたら、被害者同盟というのはありましたが、おおよそが避難する形のようです。

    私は個人的には避難は選択肢の1つとして必要ですが、やはり戦いたいんです。
    被害者の希望に沿った選択肢があれば、と。
    無駄なことなのかはわからないですが、逃げる構図をスタンダードにしてほしくありません。
    次の被害者が出るからです。
    (再婚など。)

    まっとうな形でモラハラクズをコテンパンにしてやりたい。それには国を動かすようなたくさんの力が必要なんだろうな…と途端に無力になりますが。

    逆ギレ防止法、なんて有ればいいのですが。
    長々と失礼しました。

    1
    2021-09-05T22:42:22+09:00

    補足です。
    良心や罪悪感以外に共感性も大事ですね。
    それらが欠落した人がいて、1人で生きるのは自由ですが、妻や子がいる場合、やはり欠落していようが被害者がいる限り責任は負わさないといけないと思います。
    モラハラ野郎は自分こそが被害者だという認知の歪みがあるのですが、だったらそれを証明させればいいのです。

    1
    2021-09-05T16:14:12+09:00

    コメントに入力ミスが。「子供は私のできる範囲でしかることはできない」→「子供は私のできる範囲でしか守ることはできない」 です。。。

    3
    2021-09-05T15:53:52+09:00

    178333様、新たな視点を提供してくださって有難うございます。管理人様も資料補足ありがとうございます。 shine94様の仰るように、モラハラを第三者に理解してもらうことと証明できることがまず大きなハードルだと思います。言葉で受けた傷や抑圧が、目に見える傷や痣だったら証明になるのでどんなにいいか、暴力を振るわれた方が「見てわかる」のに、然るべき所へ駆け込めるのにって思います。小さなお子さんを凄惨なDVで亡くされるという事件も散見されます。普通の人には母親が庇わない何て有り得ないと同じ思うでしょう。でも言葉の暴力モラハラを受けた私は「この人には何を言ってもわかってもらえない、感情に火のついてパートナーを諫めることは不可能。子供は私のできる範囲でしかることはできない」という思考に至るんです。悔しいですよ、それはおかしいと言っても聞き入れられないのですから。自分のパートナーは話し合いができないんですよ。こういう関係性はじわりじわりときます。これはおかしいけれど、私のせいではないのでは?と気づいた時には言いたいことも言えない、言葉として出てこない、伝えたいことはメモしてメモを見ながら話す、、、私はそんな人間になってました。マインドコントロールを受けていたような感じがします。できることなら別居、離婚、現状の生活維持という選択肢だけではなく、モラハラする側がモラハラについて学ぶプログラムを組み込むことができれば、と思います。夫婦は助け合う人間関係の最小単位であり、その関係性は平等であること。被害者を退避させるのではなく、加害者に学ばせる制度を切望します。

      2
      2021-09-05T22:28:03+09:00

      casa2ma様

      コメントを下さりありがとうございます。
      新たな視点と言ってもらえてありがたいです。

      casa2ma様のコメントを読みました。
      苦しいですよね。私達はほんと無駄なことに神経をすり減らされていますよね。
      意思の疎通のできる夫婦が眩しいです。

      第三者への被害の説明について、目に見える暴力は第三者にも認識してもらえますもんね。
      被害者が冷静に被害を分析することでしか、第三者に説明できない場合がたくさんありますよね。
      しかも多分簡潔な説明は不可能かもしれません。

      >感情に火のついてパートナーを諫めることは不可能。
      私もそう思います。
      こちらは命懸けになりますし。数日間怯え続け針のむしろにもなります。
      それに母親は子どもを守って当たり前、と言うのはできる限りはそうですが、第三者の介入なしには難しい。
      だとすると第三者に助けを求める流れはもっとあればいいのにと思います。
      それにはやはりモラハラ野郎をのばなしにしたら危ないので、取り締まる法律は強化して欲しいですよね。

      > これはおかしいけれど、私のせいではないのでは?と気づいた時には言いたいことも言えない

      もうほんと、casa2ma様の言われている通りで、今の私もまだそうです。ちゃんと冷静さを保っていても、しんど過ぎてできないです。まだ動物的怖さがありますし。頭がなかなかまとまらないですし。
      避ける流れになりますね。
      話の通じない人がいるなんて、誰も教えてくれなかったですよね〜!
      モラハラ野郎はあの手この手で攻撃をしかけてくるので神経がおかしくなりますよね。

      > モラハラする側がモラハラについて学ぶプログラムを組み込むことができれば、

      これについては私は正直難しいと思っている部分もあります。
      モラハラ野郎にモラハラについて話す側がモラハラの心理を理解していないとかえって揚げ足を取られかねないからです。
      罰則は欲しいですが、モラハラについて学ぶことは、人格が出来上がったオッサンには他人事になってしまい、自分がモラハラをしていたんだという自覚と反省はするはずないのかなと。
      今までのモラハラの成功体験があるとか他にも理由はあるのですが。
      余程の損害を被らない限り、モラハラ人間がモラハラを理解しようとする動きにはならないと思っています。
      ただ、世の中の風潮を罰則を強化しカウンセリングを受けさせる、モラハラを許さない!そういう風に変えることができるのならモラハラ人間に対する抑止力にはなるのかなと思いました。
      今もモラハラという言葉は浸透していますが、本当の意味で理解している人はまだまだ少ないと思っています。
      せいぜいが暴力や暴言を吐いた人がモラハラ、くらいの認識です。
      人の良心や罪悪感についての学びが世間に無ければ、いくら一生懸命モラハラに遭ったと言っても被害に遭ったことのない普通の人には、この心理戦は理解はできないと思います。

      何か、モラハラ被害者の会、とか一枚岩になれるようなものはどうだろうとか無い知恵を絞って考えてしまいます。
      このまま野放しにしては絶対にいけない問題だと思います。

      casa2ma様、ちゃんと寝てお身体お大事にして下さいね!

    4
    2021-09-05T10:43:30+09:00

    度々すみません。
    5の⑶ですね。
    (3) 現行の退去命令制度とは別に,被害者が従前の住居での生活を保持できる 制度を別途構築すること。

    ほんとこれを望みます。
    住宅ローンは夫であっても妻と子が現状維持で住めるような措置をお願いしたいです。

    あとは暴力ならはっきりと被害者加害者がわかりますが、モラハラの場合、第三者はどっちが本当の被害者かの判別が難しいだろうとは思います。ヤツは証拠を残さないし、言った言わない、やったやらないの水掛け論に持っていくのに長けているからです。
    また片方だけが完璧な人格者など存在しないので、被害者にも落ち度がある場合もあります。
    ヤツは口がうまいのと外面がいいのでモラハラの証明は本当に難しいのです。
    被害者も怒りが凄すぎて説明が支離滅裂になりかねません。
    1番は証明のハードルだと思っています。
    弁護士さんや被害者、行政や心理士で話し合いやヒヤリングができればいいのに…と。
    何か根本を解決せず、被害者避難→シングルマザーなら貧しく、子供と向き合ってあげる時間無く働かないといけない、再婚または生活保護…の流れは違う気がします。
    旦那に妻や子が現状の生活を維持できるようお給料からの支払い命令や、被害者への接見禁止やカウンセリングの義務とかになれば、シングルマザーや再婚して同じ目に遭う人が減るんじゃないかと。
    お給料の支払いから逃げる場合も考えられるので、そういう場合の罰則もいりますね。
    加害者のプライバシーや人権への配慮ばっかりでウンザリな世の中ですね。

    モラハラは相手の嫌がることへの嗅覚が鋭く、離婚したい被害者には離婚させない、離婚できない被害者に対してはやりたい放題するなど悪質極まりないです。
    これを本当解決したいです。

    3
    2021-09-05T09:12:56+09:00

    何度もすみません。
    私は何度か市の女性相談の方にも被害を聞いてもらっていますが同じことの繰り返しなんです。
    話を聞いてくださるのはありがたいですが、解決法は私と子供が家をでること。
    私は持病があるので働けないと言うと生活保護を勧められます。勧められるだけありがたい…はずないですよ。
    家を出るって何で?となります。
    名義は夫でも私も働いてきましたし子育てしながら家の衛生を保ってきました。

    弱者をいつまでも弱者にするのか…と失望したんです。
    尽力してくださる方には感謝ですがDVやモラハラ対処が一律にこの流れは違うだろー!って正直思っています。勿論それで助かる方もいるので否定はしません。
    主婦の年齢にもよりますし。

    何とか形を変えていきたいですが庶民で学の無い私にできることってなかなか無くてもどかしいです。

    3
    2021-09-05T09:01:15+09:00

    管理人様、キチンとした補足をして下さりありがとうございます。
    モラハラの厄介なところは、されたことを伝えることの難しさです。
    ここの書き込みを見ても、された人にしかわからない怒りと悲しみに満ち溢れていて感情が爆発しているので、多分モラハラされてない人が見たら、こんな書き込みする方が怖いとしか思われないんですよね。
    私はモラハラについて数年間、一生懸命分析したり学んできました。解決法は結局は逃げるか、ヤツより権力を持つかしかない現実に直面しています。
    逃げても結局再婚か経済力をつけるか、生活保護の可能性。
    酷い目に遭わされた側が惨めな生活の可能性を持ち、いじめた側が社会性も家も何も失わずにのうのうと生活するのは絶対におかしいです!

    管理人様、デスノートについては最近は検索したら違法性や名誉毀損の可能性の言葉も出てきますが、それも含めて過渡期なのかなと個人的に感じております。
    少しずつでもモラハラが上部の暴言や暴力だけではなく、心理戦があるのだということを世間に認識されてほしいし、若い人、未婚の人にはそんな人格のやつと結婚してほしくありません!

    長くなりましたがこれからもお世話になりながらも自分にできる戦い、頑張ります。

コメント