こちらがキレて怒れば諸悪の根源なのに被害者ヅラをして逆ギレする

デス書き込み

軽いアスペとADHDの夫

私がそれに気づいたのは3年前
それまでの私はカサンドラ状態で散々夫から苦しめられてきた 夫と私の間には大河のような溝ができていた 

大人発達障害者は幼稚園児のように精神が幼く、カマチョで自己中だ 自分の言動や思考回路が正常発達した人達とは違うとは微塵も思っていない そして他人の事情や気持ちを理解できない 想像できない だから自分の言動で相手が怒っても「なんで怒るんだ?」となる そして理由を説明しても全く理解できない だから何度でも同じ失敗を繰り返す される側は我慢の限界を超え、イヤガラセとしか思えずキレやすくなる こちらがキレて怒れば諸悪の根源なのに被害者ヅラをして逆ギレする ヤツらは家族の嫌がる事はしないという人間としてのモラルが欠落している 脳の作りが違うのだ その脳も自分特有理論でカチコチだし新しい情報や他人からのアドバイスをインプットするのもアップデートするのも苦手だ そして相手が笑っているから笑う、相手が怒っているから自分も怒る、というような、オウム返しのような対応しかできない 底のあっさ〜い関係しか築けない人種だ 

以前、娘の師匠や奥様と夫を含めて話をしていた時のこと みんな笑顔で穏やかな口調だけど内容は娘の進路につて真剣に申告な事を相談していたのに、夫が突然声を出して笑った 当然師匠ご夫婦は凍りつき目配せをする 私が夫の代わりに苦笑いをしながらペコペコと頭をさげる 50歳のオッサンが会話の内容を聞いて理解するんじゃなくて表情や口調でしか受けとれないって、良い人間関係が築ける訳がない

人の裏表などわかろうともしなければ、言った所で理解不能な人種である 極論を言えばジョーダンも通じなければ本心も伝わらない 

こんな夫との会話は苦痛以外の何ものでもない 子供の進路の相談をしても速攻で必ず夫の自分語りにもっていかれ最終的には仕事のグチを言われる 私からすればどーでもいい内容ばかり 興味もなければ一方通行で全然楽しくない

夫の障害に気づいてからは”ヤツは障害者なんだから”と私も割り切って、かなり譲歩して対応している 毎日何度もイラっとさせられるが、ほとんどの事はスルーできている でも私も体調の悪い時とかはどうしても言わずにはいられない時もある そんな時もなるべく冷静に穏やかに「こういう事をされるとされた側はこんな感じにとらえて凄く不愉快になるからやめてほしい」と具体的に指摘している 自分はOKな事でも家族からするとイヤな事もある、という他の人の気持ちを想像する事ができないので、結果、家族の嫌がる事ばかりをし続ける”イヤガラセ親父”になっている 対応には根気がいる

人は嬉しい事よりも嫌な事の方が記憶に残りやすい 9回良い事をしてくれてもたった1回嫌な事をされればその人を嫌いになる事もある そこが理解できない夫とは結婚以来、揉めに揉め続けてきたが、最近は家族からやめてほしいと言われたらその時は素直にやめるようにはなってきた(やめてと言われなければやっていい、というのが夫流の判断基準 時間が経って言われなくなればまたやる 日本人の大人の多くは相手がイヤだろうなと思う事はやらないし、やったとしても「やめて」と言われれば2度としないものだと思う)

おそらく夫よりは私の方が前頭前野は発達している 前頭前野は人間らしく生きる為の行動を担う領域 そして感情のコントロールをする領域 ここが正常に発達していない人間は怒りやすくキレやすい そしてそれは収入に影響しているという研究データが出ている

低収入な人間ほどキレやすい
イヤ、キレやすいから低収入なのか

私が夫の言動を怒らなくなってからはケンカも激減し、表面上は家族に穏やかな和が続いている もちろんそれは私や子供達の日々の我慢と努力の賜物である しかし夫も少しずつだが変わる努力をしてくれるようにはなってきた ポンコツはポンコツだが、まだ救いようがあるポンコツではあったようだ

それと比例して夫が昇進昇給し年収が爆上がりした
今は子供達2人分の大学費用でカツカツだけど、下の子が卒業すればおそらく年間数100万円単位で退職まで貯金できるだろう

我慢し続けた甲斐があった
そこそこ優秀なATMになった

どうするかな
退職金も年金も多いみたいだし、このまま同居して搾取し続けてもいいかもね

老後に離婚や別居すると今度はお金のストレスが出てきそうだから不安でもあるし

共感能力のない宇宙人との会話や生活は常に私のストレスと我慢の上に成り立っている でも老後貧乏のストレスと天秤にかけてどちらをとるか(どちらが耐えられるか)を考えてしまう今日この頃

どうすればストレスフリーな生活が送れるのだろうか 夫が亡くなれば良いのでは?と言われそうだけど、実は我が家は金銭的にはさほどメリットはない ここまで来ちゃうと例え夫が亡くなったとしても労災や事故の被害者でもない限り、遺族年金額も微々たるもので夫の公的年金支給額には到底及ばない 住宅ローンも完済していて死亡保険も数百万円しか支払われない 学費は育英保険で免除になるとしても、3人分の生活費は必要だ 夫の死亡後は毎月貯金を切り崩しながらの生活になるだろう

結局どう転んでも私の人生にはストレスがついて回るようだ なかなか上手くはいかないみたい

皆さんならこれからの人生どちらを選びますか?夫からのストレスとお金のストレス、どちらが耐えられそうですか?

0 デスコメント 20

コメント