景品表示法に基づく表記:当サイトは広告を使用しています。

周りとの接触をさせないようにしてきて囲われてしまった

デス書き込み

周りに相談しても通じない、
信じてもらえないという感覚で過ごしてきた

ノートを拾ってからは
多くの大変な経験をされている方の体験が知れてちょっとほっとしています

他人が一緒に暮らすのだから多少の行き違いで口喧嘩をすることは
結婚前も予想はしていた

でも、付き合っているときからこいつおかしいと気づけないほど
モラハラ男・自己愛性人格障害(パーソナリティ障害)の人間特有の
「擬態」で、何としても結婚をする!こいつ(私)を手に入れなければ!と
息巻いてこちらのやってほしいことの条件を飲んでいくという
ことだけはしていたから、こちらもそれに騙されていた

さらに、ストーカー気質があるから
逃げ出せないようにされたり、常に監視するかのように
周りとの接触をさせないようにしてきて囲われてしまった

若い私はそれが
愛情があるってことねと完全に勘違いしてしまっていた

「なぜ逃げないの?」「何故最初に気付かないの?」
「少しは我慢したら?」「あなたにも悪いところがあるんじゃないの?」
「暴力を振るわれてないからいいんじゃないの?」
「お金は入れてくれてるんでしょ?」「女を囲ったわけじゃないでしょ?」

周りに相談しても、自分(私)が悪いのかな?と思わせることや
真剣に話を聞いてくれても何の解決策も出ない上に
毎度同じような話を聞いてもらうことになるという空虚

言ってることを信じてもらえないかザンドラ症候群になっていく

夫源病からくる鬱状態のときも「何か嫌な事でもあったのか?」だったり
「寝てばっかりだな」とか「もっと俺を構え」とか
お前の存在自体が鬱陶しいからこんな風になってるといえばよかった
でも当時は子供も小さく専業主婦だったから言い出せず

でも、もうすぐ定年だしATMとしてもポンコツになるし
子供は独立していくし、先に光はかすかながら見えてきた気がする

同じような経験をされた方
色々お話ししましょう

また逃げ切った方の体験談も聞きたいです

5 デスコメント 30

デスコメント ( 5 )

  1. 私も約20年ずっと我慢しました。私が我慢すれば収まるのならと。モラハラ、DV数え切れないほど。今思えば付き合っている時から片鱗が見えたのに深く考えず結婚してしまった。
    モラハラ、DV野郎はプライドが高いので、自分が傷つ前に人を攻撃しますよね。それをよしとしている輩ですよね。
    私は離婚協議始めました。モラハラ、DV野郎には誰も近づきません。親すらも。これから不安ですが、私には優しい両親、兄弟、友人が支えてくれます。子供との穏やかな生活の為に頑張ります。
    頑張った分だけ報われるはず、あなたの周りにも必ず味方は居ます。お互い頑張りましょう。

    5
    2024-02-26T07:47:26+09:00

    私も若かったので束縛されるのは愛されてる‼️って思ってした。結婚して大阪から鹿児島へ
    里帰りは7〜8年に一度。年に一度の飲み会も誰とどこへ行くのか⁉️何時に帰ってくるのか⁉️
    何かと、オレが家族を養ってる‼️っと言う。けどね、私も働いてましたよ。パート代全て生活費に入れてましたよ。旦那が60才になり仕事で独立。その時、仕事手伝って、パートに出て子育てしてました。それなのに‥今や仕入れ先の母子家庭女と不倫。週末は仕事を従業員にさせ昼からラブホ。
    今は、パート代を貯金し離婚に向けて準備中。
    もちろん旦那、不倫相手にも裁判して慰謝料請求します、探偵にも証拠つかんでもらい、弁護士もつけています。

    とても共感しました。ありがとう。
    • 慣れしたしんだ大阪から遠く離れた鹿児島へ。
      それだけでもすごいこと。
      私も転職で実家そばから半日かかりで移動が必要な地に転居。友達もおらず本当に大変な思いをしたので心中お察しします。
      不倫もあったかもしれないけれど探偵は雇わず、この先は弁護士はつけようかとは思っています。
      早く縁が切れるといいですね。そして、因果応報が巡ってきますように。

  2. 私自身もあなたと同じ生活してました。
    一緒にいた頃はとにかく怒らせないように、
    私が悪いんだから、とばかり
    しかし離婚し、周りに話したら相手が悪くない?と

    はっきりいいます
    あなたは悪くない

    • 共感ありがとうございます。

      離婚成立なさったんですね。
      羨ましい限りです。

      私が変わればとの思いから頑張ってきました。いつか変わってくれるかも?との期待も虚しく、何度も何度も裏切られ、どこが逆鱗かもわからず、当たり散らしていました。
      子供も私も戦々恐々の日々。

      勇気もなかったけれど
      もう我慢の限界です。

      子供の将来も少し見えてきて
      ようやく行動に移せそうです

  3. 私自身もあなたと同じ生活してました。
    一緒にいた頃はとにかく怒らせないように、
    私が悪いんだから、とばかり
    しかし離婚し、周りに話したら相手が悪くない?と

    はっきりいいます
    あなたは悪くない

コメント