保育園には姉ですら 私を迎えに来ず、こっそり塀を乗り越え帰った4歳児

デス書き込み

50代主婦。
5年前にお見合いで5歳上の初婚の男性と再婚。

悪夢のような生活がスタート。
共働きなのに家事はしない。
私の仕事は緻密で早寝早起きしないとミスをするのに夜中までテレビを観て夜中の饅頭が至福の時だと食べている。そして太っている。

痩せさせればいいと仲人は言ったが、55過ぎたら人は変わらない事を5年後の今、知った。

ある夜、布団に入ってたらいきなり男性器を突っ込んできた。これが結婚なのかと喜び勇んで。泣き喚いた。その年に天罰なのか、前立腺肥大で6時間の手術の末、機能を失った。

だめだ、それからの四年
書ききれないくらいあり過ぎる。

そして今年、胃がんがわかり
わたしにつかみかかり
ガンになったのはお前のせいだと罵られる。
つかみかかられ持ち上げられる。

春に
胃を摘出した。しかし
ひとは変わらない。食べたいものを好きなだけ食べる。痛い、痛い、もう仕事はできないと泣く。

明日緊急て外来へ行く。
しかし決めた。

私は付き添わない。

小さな頃、共働きだった両親。
保育園には姉ですら
私を迎えに来ず、こっそり塀を乗り越え帰った4歳児。

夜遅くまで外遊び、2度に渡り連れ去られ性被害。

旦那に男性器を突っ込まれた時は、その時の記憶が蘇り身体が動かなかった。

5年目にして
わかった。

55まで母親と二人暮らしが長く、可愛く育てられた旦那は30回以上見合いしても
なぜ結婚できなかったのか。

自分のお母さんと同じような人

なんでも「いいよ」と承諾してくれる人との出会いを望んでいたのだ。

もういい

私はあなたのお母様の代わりに
前立腺肥大の時も
胃がんの時も十二分に頑張った
付き添った

私の娘の出産と重なって、力尽きた時もあったが労いの言葉もなく

家族なら当たり前だのひとこと。

愛はない

死んで下さい
殺してください
お願いします

0 デスコメント 96

コメント