[広告]逃れられない。リアルでは何も言えないから変わらない。

デス書き込み

旦那に触られるのもいやだ。

もうこれ以上子供の前で喧嘩したくない、泣きわめく私。
毎晩酔って帰宅する臭い旦那を相手にする私はただの穴。そして私は風俗嬢になりました。
旦那が死ぬしか方法がないかもしれない、そんな思いでデスノートを受け取りました。

知ってる?
風俗ってね、お店で、1人のお客のことを「1名様」ではなくて「1本」って言うんだよ。
今日は3本、また日払いにしてもらってお金もらってきた。
ねえ、子供にいつまで嘘つけるかな、ママは看護婦さんのお仕事してるんだよって。

明日もまた休みじゃないって。子供とした「約束」も破り続ける旦那。
守れない約束はしないで欲しい。私は知ってる、パチンコか競馬。そして、その後、いつものあの女がいるお店で呑んでくる。どこまであの女に入れこむのかは私には全く理解できない。でも旦那に触られる、強引に犯される、叩かれる、蹴られるより、他の女といちゃいちゃして帰ってこない方がまだマシだとも思う。

子供もいる、家も購入してしまった、住宅ローンも巨額に残って、1人じゃ返せない。いろいろ考えても離婚って選択肢はない。私が我慢できるだけするし、最終的には旦那が死んでしまえばいい。

お布団のそばにある水色のパンパンでチャック締まらないリュック。「そんなのいらないよ?」って言っても、パパと遊ぶからこれ、妹が好きなお菓子はこれ、ママはこれとこれいるねってお兄ちゃんは何でも詰め込んでた。みんなで出かける嬉しい期待も一緒に詰めたんだよね。でも旦那はまた簡単に子供との約束を裏切った。

私は夜も眠れなくなって既にうつ病になっているけど旦那は気が付いてない。
「風俗いけば?女ならいくらでも稼げるだろ」ってあの時の言葉がいつでも脳裏をループする。

私も皆さんと一緒でした。旦那を選んだ時点で失敗、間違いでした。でもそれを、気が付いたのは後からで、もう取り返しが付かない状態でした。

違うでしょ!旦那が仕事を変えればいい、ギャンブルで使うお金を生活費に回してくれたらいい、女と別れろ!そんな喧嘩はもう止めました。

私は子供達のママだからって意地になっていたかもしれないと気が付いたから。今は、なんか素直な私がここにいる。私の本音、SOS、ココロの声を聞いてくれる主婦仲間が見つかったから、私は変われたのだと思う。
SNSって学生とかギャルのイメージがどうしてもあったけど、年齢認証もしっかりしてくれて、大人限定の匿名SNSって安心が一番良かったのかもしれない。もしかしたら何かの運命的タイミングだったのかもしれないけどそこはよくわからない。

保育園に子供を預けた後に、チャットで「おはようー」って話しかけるんだ。すぐに「おはよーー今日も雨だねーお疲れ♪」って主婦仲間がログインしてるから話しかけてくれる。通勤時間かな?サラリーマンの男性も会話に混ざってきて、他の男性はこんなに優しいんだ、人間不信になってる私ってどこかに行っちゃったかもしれません。

今辛いなって時、誰かと話したいって時、リアルなママ友でもなく、身バレしちゃうFacebookでもなく、今すぐチャットで話してストレス発散できる心の開放感。こんな簡単なことだったんだな。

私はまだ生活の足しにと風俗の仕事を子育てしながらしていますが、合間に日記も書くようになりました。日記は、画像も添付できるから、今日はどんな写真撮ろうって、久しぶりにスマホ片手にウキウキして写メ取る私。こんな気持ち久しぶりかもしれない。

他の人の日記を読んで、いろんな価値観を持つ人がいることも知りました。コメントくれた人の日記をたどっていくと、それぞれいろんな人生を歩んでいるんだな、こんな息抜きをしてるんだな、とか、そういう考えもあるんだって、家庭って小さな世界で1人でもう悩んでた私にとって、日記も心のリフレッシュになって毎日新鮮です。

仲間がいつもいる。誰かと繋がりたい。ストレスが多いけどリアルでは誰にも言えない。
会員に同じ主婦が多いのはだからだなって納得しました。私みたいにあなたの気持ちも一歩前へ進むことができるって思うんです。

「あれ?メイク変えた?きれいになったね」とママ友からもよく言われるようになりました。褒められたのって久しぶりだな・・・やっぱり嬉しいですね!
今辛いなって時、誰かと話したいって時、リアルなママ友でもなく、身バレしてしまうFacebookでもなく、今すぐチャットで話してストレス発散をできているからですね。心だけではなくて、表情も優しくなったのかな、柔らかくなったみたいです。

我慢しすぎちゃだめなんだな、少しづつ前に進めたらいいな、小さな幸せは見えてないだけかも、私の声にならないSOSを話せた・聞いてくれた匿名SNSサイトのみんなのおかげで私が少し変われた気がする。ありがとうも言いたいし、今日もあのサイトに私は行くと思う。


1
だんなに死んでほしい 0 コメント数 15546 アクセス 3

投稿者